オルカ鴨川FC 選手・スタッフブログ

オルカ鴨川FCの選手・スタッフブログです。
練習や試合の情報のほか、選手の素顔をお届けします!
http://www.orcakamogawafc.com

こんにちは!16番河邊花観です!

先日プレーオフ3戦目を勝利し
チャレンジリーグを
優勝という形で終わることができました。
これも沢山の方々に日頃からご支援ご声援を
いただいているおかげだと感じています。
本当にありがとうございました。

D3S_9767-2


ひと段落したので
少し休んでるかと思った方もいると思いますが
まだまだオルカは休みません!
これから皇后杯関東予選を
優勝するために
また準備しなおしてるところです!
みなさんも引き続き応援お願いします!

さて、タイトルにもあったように
今日は私の少しオフな話をしようと思います。
先日お休みをいただいて
鴨川シーワルドに行って来ました!
ベルーガから始まり
イルカ、シャチ、アシカとショーを
制覇(多分)してきました!
調子に乗って一眼レフなんか
持ってたりしてた自分ですが
中々使いこなすことができず
出番がなかったので
良い機会と思い下手なりに
シャチ等を沢山撮ってみました。

S__17645588

 
S__17645587

 
ベルーガとイルカは可愛くて、
シャチは凄く迫力があって
格好良かったです!
個人的にはアシカのショーが
ゆる〜い雰囲気で好きでした!

S__17645586

 
ベストショット
宮本選手の匂いを嗅ごうとするトド

もっと鴨川、南房総を散策して
一眼レフ使いこなしたいと思います!

今週末も試合頑張ります!

マネージャーの『S』です。
前回のブログの日付が間違っておりました。
既に訂正させて頂きましたが、ご指摘頂いた
みなさん、ありがとうございました。
 
 
9月10日(土)@鴨川市サッカー場。
天候は晴れ。風はほとんどありません。
気温はピッチレベルで約27度。
サッカー日和です。
またまた今回も温度計などありませんでしたの
で私の体感です。
 
さて今日は練習試合です。
相手はFC千葉なのはなガールズ U-15
U-15の女子チームとなります。
 
女子チームと試合が出来るのは貴重です。
特にBUの同年代の選手には刺激になるのでは
ないでしょうか。
 
 
9月10日写真1

 
 
今回30分を2本、15分を2本行いました。
 
 
1試合目 BU 1-0 なのはな 
 
出場選手
 
31 : 伊藤選手
32 : 岩崎選手
33 : 鈴木(友)選手
    → 44 : 広田選手 17min.
34 : 田中選手
36 : 吉野選手
37 : 髙橋選手
38 : 佐々木選手
39 : 山下選手
40 : 秋山選手
45 : 中村選手
47 : 中西選手
 
得点者 37 : 髙橋選手 20min.
 
 
2試合目 BU 4-0 なのはな
 
出場選手
 
31 : 伊藤選手
33 : 鈴木(友)選手
35 : 蝦名選手
36 : 吉野選手
38 : 佐々木選手
40 : 秋山選手
    → 32 : 岩崎選手 10min.
41 : 塗谷選手
43 : 瀧口選手
44 : 広田選手
45 : 中村選手
47 : 中西選手
 
得点者  43 : 瀧口選手 12min.
      36 : 吉野選手 17min.
      32 : 岩崎選手 19min.
      35 : 蝦名選手 28min.
 
 
9月10日写真2

 
 
3試合目 BU 2-0 なのはな
 
出場選手
 
31 : 伊藤選手
32 : 岩崎選手
33 : 鈴木(友)選手
34 : 田中選手
35 : 蝦名選手
37 : 髙橋選手
39 : 山下選手
40 : 秋山選手
41 : 塗谷選手
43 : 瀧口選手
45 : 中村選手
 
得点者  37 : 髙橋選手 3min.
      37 : 髙橋選手 5min.
 
 
4試合目 BU 6-0 なのはな
 
出場選手
 
31 : 伊藤選手
32 : 岩崎選手
34 : 田中選手
35 : 蝦名選手
37 : 髙橋選手
39 : 山下選手
41 : 塗谷選手
    → 38 : 佐々木選手 9min.
43 : 瀧口選手
44 : 広田選手
45 : 中村選手
    → 41 : 塗谷選手 11min.
47 : 中西選手
    → 36 : 吉野選手 14min.
 
得点者  37 : 髙橋選手 1min.
      39 : 山下選手 5min.
      34 : 田中選手 8min.
      34 : 田中選手 10min.
      35 : 蝦名選手 12min.
      35 : 蝦名選手 15min.
 
 
9月10日写真3

 
 
今回も練習試合ですので細かい記録は載せません。
 
今回の相手は千葉で活動しているFC千葉なの
はなガールズのU-15のチームだったのです
が、当日中学3年生が来れなかったようで、実
際はU-14と言うのが正しいかもしれません。
 
佐伯監督からも指摘がありましたが、試合前の
アップの仕方、そして試合の入り方、一連の行
動に緊張感が感じられないと思いました。
練習では毎回同じピッチを使っていますが、
その日の気候などによって状態が変わります。
ボールの転がり具合だとか、走った時の感触だ
とかアップの中で確かめる事は沢山あります。
自分のコンディションの確認もです。
ただ言われるがままにボールを蹴る、それもた
だ蹴っているだけで集中していない。
結果トラップミスをする、相手にキチンとボー
ルが返せない。
基本中の基本ともいえる事が何も出来ていない
ように感じます。
ボールを蹴る、止める、パスを出す、ドリブル
をする、これらの行動に何かしらの意味を持た
せて下さい。
自分が行う全ての行動が、試合や練習でのチー
ムの動きに繋がります。
そこで一歩前に出るのか、下がるのか、パスを
するのかシュートをするのか。
声を出してパスを受けるのか、パスを受けて欲
しいから呼ぶのか。
ただそこに居るだけではダメなんです。
行き当たりばったりのサッカーをしていては成
長はありません。
 
もちろん全員では無いです。
しっかりと出来ている選手はいます。
その選手を見習って下さい。
 
BUはオルカ鴨川FCの下部組織です。
いつかはトップチームでプレーして欲しいです。
トップは来季からなでしこリーグ2部でプレー
する予定です。
BUもそれに伴いレベルUPが必要です。
今はみんなでお揃いの練習着を着て練習をして
います。
今までの様にバラバラではありません。
チームだと言う事を意識して下さい。
左胸のエンブレムの意味を考えて下さい。
 
 
 
すみません。
私の様なマネージャー(仮)みたいな人が書く
ような事では無いかもしれませんが、BUが
チームとしても選手個人としてもちゃんと成長
して欲しいと言う想いから書いてしまいました。
 
ただただ頑張って欲しいんです。
 
 
9月10日写真4

プレーオフ順位決定戦も9月11日(日)、ホーム鴨陸でいよいよ最終節を迎えました。

第1節は0-2というまさかの2失点から、後半3点を取り返して大逆転勝利を収めるという劇的な展開。
第2節はアウェイの地、大和、しかも7月3日(日)に今季初失点、初敗戦を喫した、ゆとりの森でのEAST決戦をバックスタンド側に陣取ったオルカサポーター・BU選手たちとともに勝ち取った1-0の勝利。
2連勝とは言っても、好敵手を相手に、どれも厳しく苦しい展開を総力戦で勝利した試合でした。 


勝点6で迎えた最終節。
相手は勝点4で2位につけるWEST1位の静岡産業大学磐田ボニータです。
まさにEAST1位・WEST1位同士の雌雄を決する決戦となりました。 

4


この日、鴨川市街では年に一度の大祭、鴨川合同祭が行われ、さらに、天気もクラブ創設以来、おそらく初ではないかという本格的な雨模様。また、本試合も有料試合です。
果たしてどれだけの方が応援に集まってくださるのか。運営スタッフとしてもある程度の覚悟はしていました。

ところが、、、いざキックオフを迎えてみると、なんとなんと、超満員のスタンド。
後半には1,000枚用意されたチケットが第1節に続いて完売御礼!
第1節とほぼ変わらない、1,116人の方が鴨陸に集まってくださいました。 

スタンドは屋根付といっても、風雨の中では雨も当然吹き込みます。
しかし、そんなのはお構いなしに、熱気あふれたスタンドから90分間、ピッチに熱い熱い声援が送られ続け、ずぶ濡れになりながら奮闘するオルカイレブンに確実にパワーを与えていました。

オルカのスポンサーの方々も大勢応援に来てくださり、なによりすごいのが、試合を重ねるごとに自発的に数が増えていったことです。もはやスポンサーだから、という動機ではなく、純粋にオルカを応援しようと、スポンサーの方々も大興奮の中で声援を送ってくださいました。
実に200人近くのスポンサーの方がいらっしゃったでしょうか。


まさにオルカ魂が炸裂した最終節。
試合展開も、欲しかった先制点を前半6分に、第1節で通算100試合試合を達成していたEASTの得点王、5番・松長佳恵選手が23番・平野里菜選手の落としを見事に鮮やかにゴールに突き刺し、1点を奪取!
早くも会場のボルテージはアゲアゲになります。

8

後半もオルカが静産磐田の強力な攻撃陣を抑え、時折追加点をうかがう展開。
そして、終了間際の45分、第1戦でスーパーボレーで同点ゴールを決めた、13番・佐藤衣里子選手がやってくれました。クロス気味に打ったシュートがキーパーの頭上を超え、そのままゴール!
技ありの追加点を奪い、勝負はほぼ決しました。

19

試合終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間、スタジアムは激しい雨音をかき消す、地域・サポーターのみなさんの歓喜の声にあふれました。 


2-0でオルカが勝利。
3勝0分0敗の勝点9で、プレーオフを制し、チャレンジリーグのチャンピオンに輝きました。 
そして、なでしこリーグ2部への自動昇格を決めました!!(※)
まさに南房総の歴史が動いた瞬間です。 

※:正式な昇格決定はリーグ理事会の承認を経てからになります。

なによりうれしかったのは、今年はホームで昇格を決められたこと。
世界一のサポーター、すばらしい地域のみなさんとともに昇格の喜びを分かち合えたことです。
その試合の運営に携われた自分の身を本当に幸せに思います。

22

ただ、不思議なことに、涙は出ませんでした。
去年の熊本では号泣したのですが、今年はほっとしたというのが私の正直なところでした。
もっと言うと、ホームゲームの運営という立場でしたから、昇格の歓喜にひたるというよりも、その後の優勝セレモニーの段取りに追われたり、さらに豪雨の中のセレモニーとなったため、 臨機応変に対応しなければならないことも多く発生し、涙を流しているどころではありませんでした。
(実際、ワイヤレスマイクが急にトラぶり、かなり焦りました。。。苦笑)

優勝セレモニーが始まる頃になると、さらに雨脚が強まり、それはもうすごい状況で進行することになりました。
もう私も傘は差しません。
進行台本は私もOKA.Bももうぐちゃぐちゃになり、記憶を頼りにほぼアドリブで進めざるを得ませんでした。
選手たちもずぶ濡れで、体が冷えて、風邪を引いてしまうのではないかと心配になりましたが、熱いサポーターを前に、そして、この歴史的な勝利の喜びとともに、気合も十分にただひたすら臨むのみでした。 

考えてみれば、今季のスタートは鴨川シーワールドでの鴨川市民DAYイベント参加からでした。
オルカ(シャチ)のテールバーストを浴び、2月の寒空の下、びしょびしょになってスタートしたのでした。
だから、この雨は必然のお祝いの雨だったのかもしれませんね(笑)


最後に記念撮影。
まずは通常のピッチを向いてのチャンピオンボードを立てての撮影。

そして、次にスタンドをいっぱいに埋め、さらにセレモニー終了まで残ってくださっていたサポーターのみなさんとともに「行ったぞ!なでしこ2(ツー)」とみんなで勝利のガッツポーズをして全員で撮影しました。
サポーターには4月の熊本地震後に作成し、みんなでメッセージを寄せ書きしている益城ルネサンス熊本フットボールクラブを応援する横断幕も掲げてもらいました。
まさにオルカのパワーを象徴する写真。
リーグのトップページを飾った写真も、新聞各紙を飾った写真も全てスタンドをバックに地域・サポーターのみなさんたちと写った写真でした。

この写真が象徴するのは、地域全員で歴史を動かした、という事実です。
チーム・選手のがんばりはもちろん、そして、我々運営スタッフも勝利に向けて全力でがんばりました。
しかし、それだけではもちろんありません。
今日のこの試合、この瞬間に集まり、力を与えてくださったみなさん、そして、オルカ創設以来、支えてくださった全てのみなさんたちの力があったからこそ、為し得た快挙です。

これからもオルカは地域と共に歩み続けます。


この試合、第1節に続いて、今回はホームゲームで毎回流している、「ORCA BLUE」とはまた別のテイストの、オルカサポーターズソング「ひとつ」を作詞作曲してくださった、いすみ市在住のシンガーソングライター・伊藤文隆さんご本人が登場し、選手入場の際、ひまわりキッズのコーラスとともに生歌・生演奏を披露してくださいました。この話、実は数日前にお願いして快諾してくださったもので、伊藤さんの男気に感謝、感謝です!!
また、入場の花道の両脇には、応援に来てくださった千葉翔凛高校サッカー部、アトレチコ君津のみなさんが人の垣根をつくり、拍手で選手たちをピッチに送り出してくれました。

さらにさらに、熱血解説でおなじみの松木安太郎さんが登場!!
ハーフタイム、試合終了後のインタビューで情熱あふれるトーク、そして、インタビュワーを務めてくださいました。
最近行われた日本代表戦のテレビ解説もされていたこともあり、場内はかなり盛り上がりました。
サポーターからは「松木、松木~♪」のコールも!
松木安太郎さん、本当にありがとうございました。

29

2014年に始まったオルカの大冒険。
その第2章が9月11日、ホーム鴨陸で最高のかたちで完結しました。

これから始まる、いよいよなでしこリーグ1部を目指す第3章。
もちろん課題は多種多様、山積しまくりです。いろいろなことをクリアしていかねばなりません。
しかし、そのどれも夢に向かう、未来の扉を開くための前向きな課題です。
そして、オルカはすばらしい地域のみなさん、世界一のサポーターのみなさんが共に歩んでくれるのですから、乗り越えられない壁はありません。


最後にクラブの立場としてはなく、一地域住民として言わせてください。

選手のみんな、南房総の夢を背負い、未来の扉を開いてくれて、本当にありがとう。
そして、オルカに、南房総、鴨川の地に来てくれて、本当にありがとう。
11日の試合の選手紹介、スタート・リザーブ・サポートの23人の全選手をフレーズ付で紹介させていただきました。そして、全員のフレーズに「ありがとう」とつけさせていただきました。
改めて、大声で選手に伝えます。
本当にありがとう。 


さあ、来週月曜からは皇后杯関東予選!
昨年果たせなかった全国本戦出場を果たすべく、ここから切り替えて、オルカは果敢に戦います。
勝ち進めば、なでしこリーグ1部チームとのガチンコの夢の対決も実現します。
みなさん、まだまだ今年は終わっていません。
新たな夢の実現に向け、引き続き、応援よろしくお願いいたします!

(写真提供/鴨川市観光プラットフォーム推進協議会 カモ旅)


OKA.Pのひとりごと:
ちなみに最終節、オルカが2点差をつけて静産磐田に勝利したことで、同時刻に開催されていた大和シルフィードがアウェイでバニーズ京都SCを1-0で破り、得失点差で上回って逆転での2位、なでしこ2部9位チームとの入れ替え戦進出を果たしました。
同じEASTに所属するチームとして、最大限の祝福を贈ります。
個人的には9月4日、大和で交わした、シルフィードサポーターとの約束を果たせて、うれしく思います。
盟友として入れ替え戦での勝利、祈ってます!! 

マネージャー『S』です。
今回もレポートさせて頂きます。
 
 
9月4日(日)@ゆとりの森大規模多目的。
予報では雨の可能性が高いとの事でしたが、
天候は晴れ時々曇り時にちょい雨。
気温はきっと30度。
日差しが強く、暑いです。
 
さて今日は初めてのパターンです。
トップチームの試合の応援で、神奈川県大和市
まで来ています。
相手は大和シルフィード
前回リーグ戦で戦った時に、この場所で0-1
で負けてしまった相手です。
今回はその雪辱を果たすべく、この地にやって
きました。
 
今回の試合はプレーオフ順位決定戦です。
チャレンジリーグでのリーグ戦が終わり、
EASTとWESTの上位2チームが総当りで
順位を決める戦いです。
またこのプレーオフで1位になれば、自動的に
なでしこ2部への昇格となります。
とても大切な試合です。
 
鴨川陸上競技場ではいつも多くの方が応援に
駆けつけてくれています。
アウェイと呼ばれる相手チームがホームの試合
でも、オルカのサポーターは多く集まってくれ
ます。
ただ今回は更に1人でも多くの応援が、また
オルカ鴨川FCファミリーが会場で共に闘う
必要があると考え、BUも会場で応援すること
になりました。
 
会場へはBU専用バスを仕立て、鴨川を7時に
出発。
途中アクアラインで休憩をして大和市へと向か
います。
 
 
1

 
 
車内では8月28日に行われた試合のビデオを
見てあの時の興奮を思い出しながら応援の練習
に入ります。
最初は少し遠慮してたのか恥ずかしかったのか
声も小さかったのですが、練習を重ねるにつれ
声も出てきていい感じです。
 
現地に到着したのは9時20分頃。
バスを降りる前に、いつもトップチームが試合
に入る前のロッカールームで見るモチベーショ
ンビデオと言うものを見て気持ちを上げ、会場
へ向かいます。
 
会場にはオルカの応援に来ている人が300人
以上いたと思います。
観客席や応援席を見た感じでは半分以上がオル
カの応援に来ているように見えます。
 
 
2

 
 
試合中、BUの選手は自分たちのユニフォーム
を着て元気に大きな声を出して応援しています。
ちょっと感動。
 
そして後半12分!
ついに待望の得点が生まれます。
14番 村岡選手の右足から放たれたシュート
がゴールへと吸い込まれます。
 
歓喜と共にオルカ応援団の応援も更に力が入り
ます。
 
その後、オルカが圧倒的にボールを支配するも
相手の好プレーに阻まれ得点するのは難しく、
それでも常に攻め続け後半45分が経過。
 
アディショナルタイムは3分。
3分ってこんなに長いの?
カップラーメン完全に伸びきってるでしょ??
なんて思いながら応援を続けていると試合終了
のホイッスル♪
 
1-0でオルカ鴨川FCの勝利です!!
 
 
3

 
 
同じリーグで戦って来たチーム同士。
いわば戦友でもあります。
応援している人も同じ。
共に闘ってきました。
試合が終わりシルフィードの関係者の方、応援
されてる方とお話をさせて頂きました。
試合をやる以上、引き分けを除けば勝者と敗者
に分かれてしまいます。
もちろんお互い勝つつもりで挑み試合終了の最
後の笛が吹かれるまで1つのボールに想いを込
める。
真剣勝負だからこそ勝っても負けても涙し、お
互いの健闘を称えることが出来る。
とてもいい関係、サッカーっていいなって改め
て思いました。
 
今回の勝利にはあの会場に集まった多くのオル
カサポーターの応援が勝利の一因であったと思
います。
その中でも中心となって頑張ったBUの選手、
めっちゃカッコ良かったです。
多くの方からBUの応援が良かったとお褒めの
言葉を頂きました。
シルフィード関係者の方からも言われました。
 
楽しみながら1つになってみんなで応援出来た
BUの選手たちを私は誇りに思います。
これをプレーにつなげて、今後の試合に挑んで
下さいね。
 
最高でした!!
 
 
4






いよいよ、明日
歴史が変わります!!

9月11日(日)15:00KO 
鴨川市陸上競技場

チャレンジリーグ最終章

チャレンジリーグを優勝し
なでしこ2部へ昇格します!!

皆さんの応援を力に変えて闘います!!
鴨陸をオルカブルーに染めましょう!!

地域と共に

行くぞ!! なでしこ2!!
 

こんにちは。
15番大屋夏希です。
いつも熱い応援をありがとうございます。

今回は、知っている人も多いと思いますが
題名の通り、去年までオルカに
今はスペインにいる
どーぞのさんについて、書きたいと思います。

まずは、どーぞのさん元気です。

あいかわらずの、ひとから好かれる性格は
言葉が通じなくても健在みたいで
楽しそうな写メが頼んでもないのに
送られてきます。


S__5455879



サッカーの方は、シーズンが始まったみたいで
本当にがんばってもらいたいと
本人には伝えませんが、心から思っています。

同い年の仲間が
言葉も通じないところに一人で行って
頑張ってることは、自分自身にとっても
すごい刺激をうけます。
負けてられないなと。
これからも、ケガには気をつけて
頑張ってもらいたいと思います。

日本に帰ってきた時は、ぜひ連絡ください〜。


S__5455880



9月11日はプレーオフ最終戦
静岡産業大学磐田ボニータと
15時から鴨川陸上競技場で試合があります。
8月28日のホーム戦ではたくさんの方が
応援に来てくださり、陸上競技場を
オルカブルーに染めていただき
ありがとうございました。
みなさんの応援が力となり
力強く試合にのぞむことができています。

DPP_06409


9月11日(日) 15:00KO
みなさんと一緒に、勝利を喜べるように
チーム一丸となって頑張りますので
応援よろしくお願いします!!

DPP_06412
 
 

↑このページのトップヘ