オルカ鴨川FC 選手・スタッフブログ

オルカ鴨川FCの選手・スタッフブログです。
練習や試合の情報のほか、選手の素顔をお届けします!
http://www.orcakamogawafc.com

IMG_7926-E-S
久々のOKA.P日記です。

12月3日(日)、熊本県八代市の秀岳館高校サッカーグラウンドで行われた女子サッカー九州リーグ 熊本ルネサンスフットボールクラブ vs 琉球デイゴス戦に合わせて、一昨年、熊本ルネサンスの前身である益城ルネサンス熊本フットボールクラブとチャレンジリーグ昇格をかけて入れ替え戦を当時オルカの選手として戦った、木原コーチと共に有志で訪問してきました。
木原コーチは熊本県立大津高校の出身であり、元々熊本と御縁があります。木原コーチ本人の強い希望もあり、今回の熊本訪問が実現しました。

試合は40分ハーフ前後半で行われ、琉球デイゴスが押す時間帯も多かったですが、熊本ルネサンスも何度か決定機を掴みつつも、両チーム、ゴールを決めきることはできず、0-0の引き分けに終わりました。
この結果、今シーズンの九州リーグ優勝チームは琉球デイゴスに決定しました。

試合前、オルカのホームゲームでみなさんに応援メッセージを寄せ書きしていただいた横断幕を熊本ルネサンスのチームに贈呈したところ、なんと、ベンチに↓の写真のように掲出してくれ、この大切な一戦に臨んでくれていました。
IMG_7917-S
昨年、同じく、支援金と横断幕をお届けに熊本に訪問した時にお会いしたサポーターの方々とも再会し、旧交を深めました。

試合終了後には冒頭の写真の通り、熊本ルネサンスの選手たちが自主的にサポーターの前で横断幕を広げて披露してくださり、写真撮影を行いました。
山下GMには、オルカのホームゲーム等で集めた支援金、また、4月23日(日)のなでしこリーグ2部第5節、スフィーダ世田谷FC戦のホームゲームの模様を収めたビデオをお渡しいたしました。

IMG_7929-S
熊本ルネサンスフットボールクラブは、ご承知のように、昨年4月の熊本地震発災によって旧益城ルネサンス熊本フットボールクラブの活動はたいへん厳しい状況に追い込まれ、クラブ運営組織は一度解散したものの、熊本から女子サッカーの灯火を決して消してはならないという関係者の熱い思いにより、不死鳥のごとく蘇ったクラブです。
選手数はまだ少ない中、将来のなでしこリーグ参入を目指して、日々努力されています。

一昨年、チャレンジリーグを懸けた入れ替え戦の死闘をピッチで繰り広げた両チームでありますが、その後の震災によって、両チームの御縁は強く固いものとなりました。

山下GMとも、今後も両チームでさまざまな交流を展開していき、将来的にはまた同じなでしこリーグのピッチで戦う日を夢見て、互いに切磋琢磨していきましょう、と心を新たに誓い合いました。

たかがスポーツ、たかがサッカーかもしれませんが、しかし、スポーツの力は大きいと私は考えます。
サッカーファミリー同士結ばれたこの御縁をこれからもオルカも、また私自身も大切にして、夢に向かって、力強く歩んでいきたい!と改めて強く心に誓った熊本訪問となりました。

なお、今回の対戦相手、琉球デイゴスには昨年までオルカに所属し、また、入れ替え戦でも大活躍した山﨑江梨香選手が在籍しており、この試合は後半途中から出場して元気にプレーしていました!
試合後、山﨑選手ともお話しできました。これからもぜひがんばって!!と激励できました。

こうして、昨年に引き続き、オルカのみなさんの熊本に対する熱い思いを直接贈り届けることができました。
これからもオルカは熊本の友と共に!それぞれの地域で女子サッカーを盛り上げるべく、そして、地域を元気にするべく、がんばっていきたいと思います。


熊本ルネサンス激励観戦の翌日、熊本地震の被災地の現況、また、一昨年戦った入れ替え戦の思い出の地を訪問してきました。

IMG_7990-S
IMG_7988-S
こちらはニュースでも大きく取り上げられていた、大規模な山体崩壊によって落ちてしまった阿蘇大橋の現場です。現在でも対岸では崩壊した斜面の復旧工事が続けられています。
この現場では1人の大学生の尊い生命が奪われました。
熊本地震は被害が局所的だったため、県内の多くの場所ではさほど地震の爪痕は残っていないのですが、益城町や南阿蘇村など、被害が大きかった地域に入ると途端にまだまだ長い復興の真っ只中であることを思い知らされます。
最近ではほとんどニュースでも報じられなくなりましたが、この事実は私たちは決して忘れてはならないことであり、思いを寄せ続けることが復興への後押しになると信じます。


IMG_8016-S
所変わって、こちらは入れ替え戦を戦い、1-2で敗れるも、貴重なアウェイゴールの差でチャレンジリーグ昇格を勝ち取った、菊池市にある七城運動公園サッカー場です。
芝生が青々と茂り、ピッチサイドに立つと、一昨年の激闘と興奮が蘇ってきて、思わず鳥肌が立ちました。
IMG_8012-S
バックスタンドに流れる「鴨川」です。
奇しくも「鴨川」という川を背に、当時我々サポーターはメインスタンドではなく、バックスタンドにあえて陣取り、「鴨川」の力を背に受けながら、90分声を枯らせて応援し続けました。

その他、貴重な天然芝の練習グラウンドをお貸しくださった、後藤グラウンドの奥様にもお会いしてきました。ご高齢になってきておられますが、元気なお姿でした。
実は奥様の息子さんは2日前にJ1を劇的に逆転優勝し、初タイトルを獲った川崎フロンターレのチームドクターをされています。優勝のお祝いも直接お伝えすることができました。

遠く離れた熊本と千葉ですが、心の距離は相当に近いものがあります。
私自身、入れ替え戦の年から数えると、公私含めて今回でなんと3年間で6回目の熊本訪問となります。
サッカーを通じて、こうした御縁が全国に世界に広がっていくことが本当にステキなことに思えます。

オルカは御縁のクラブチーム。
繰り返しになりますが、これからも熊本に思いを寄せ続けて参りましょう!!


以上、熊本からOKA.Pがレポートいたしました。

こんにちは!

背番号26番の國香想子です。
 
先日、悠遊庵さんでシーズンお疲れ様会がおこなわれました!!

今回のメニューは、

ピラフ、炭火で焼いた超肉厚のステーキ、
チキン、ピザ、春雨サラダ、

あんかけ麺などなど!!!

私は、ともさん(#8)、えりな(#4)、ゆりな(#7)と

一緒のテーブルだったのですが、

なんと!全部ぺろり。

他のテーブルの人に、ほとんど國香が食べたでしょと言われましたが、

そんなことはないですよ。

ともさんもどのメニューも全部おいしい!と最後までずっと食べていました。

 
悠遊庵さんには、この1年間大変お世話になりました。

練習後、悠遊庵さんのごはんを食べると疲れが吹っ飛びます。

大将と女将さんの笑顔は安心感があって自然と幸せな気持ちになります。

いつも支えてくださって本当にありがとうございます。

これからも、悠遊庵さんのおいしいごはんを力にして、パワーアップしていきます!
 
地域のみなさまに恩返しをするためにも、来期こそは絶対に1部昇格を。

もう次に向けてスタートですね!!

これからもオルカ鴨川の応援を宜しくお願い致します。


もう師走ですね。

寒くなりましたので、お体ご自愛下さい。


みなさん、こんにちは

マネージャーのあかいです


先日、#13佐藤選手が鴨川中学校で職業インタビューをしてきました

中学1年生対象に『女子サッカー選手』という職業についてお話させてもらう機会をいただけたので、

女子サッカーの魅力、サッカー選手という職業の内容などなど、お話してきました

あ、私じゃないですよもちろん佐藤選手が

PB290068

PB290063

今回、佐藤選手以外にも、シェフや自衛官、保健師などの職業のお話を聞くことも出来ました

5名の方の職業の話を聞くことが出来ましたが、

私は、どの仕事も同様に、その仕事に対する情熱や想いがあってこそ、

続けられたり、輝いていけるんだなと思いました

中学生の皆さんも、メモを撮りながら一生懸命話しを聞いていて、

将来を考えるいい時間になったんじゃないかなぁと思いました



この中から1人でも女子サッカーを目指す生徒が出てくれるといいなぁ

目指したい女子サッカー選手、憧れるチームにならなければいけないと改めて感じました

PB290084




それにしても、鴨川中学校の生徒の皆さんは、礼儀正しかったです


皆さん、こんにちは。 

今回ブログを担当します!

背番号21番の成岡真鈴です😊


最近は日が沈むのがとても早いです!

気温も低くなって冬を感じますね⛄️❄️



さてさて、今回は私が普段通っている国際武道大学の友達のお話です😆✨

21③

彼女は、体操部なので話を聞くことがとても新鮮でした!!

体操とサッカーでは個人とチームという面で大きくちがうので、

人との関わり方がすごく難しいなと感じました。

サッカーでは、同じピッチで共にプレーをするので、

今はこうしたいとか分からない時は先輩にアドバイスをもらったりします。

体操では、自分と向き合うことが一番だと言っていました。

技についてはあまり周りの人とは話さないそうです。

また、体操は練習がほとんどでサッカーのように毎週試合があるわけではありません。

一番楽しい練習は新しい技の習得だそうです😳


大学では教授の講義だけでなく、さまざまなスポーツをしている友達と話して、

すごく充実した生活を送らせていただいています!!

出会いに感謝ですね



最後になりましたが、

今シーズン、オルカ鴨川FCを応援してくださったサポーター・ファンのみなさま、

本当にありがとうございました。

感謝の気持ちを込めて、12月10日(日)に鴨川陸上競技場と文化体育館にてファン感謝祭を行います。

ぜひ、来てください

お待ちしております


みなさん、こんにちは

マネージャーのあかいです


本日11月25日は、この方達のバースデーです

#11 永木真理子選手 25歳になりました
#13 佐藤衣里子選手 32歳になりました


11 (6)

13 (2)

おめでとうございます

今回は、お二人にインタビューしてきました



まず、恒例の質問ですが、サッカーを始めたきっかけは?

永木選手ー

最初はお兄ちゃんがやっていて、小3の頃に弟がサッカーを始める事になって、

一人だけ、置いてけぼりになっちゃって、寂しくなっちゃうので、始めました

佐藤選手ー

放課後、一緒に遊んでいた友達が少年団の練習が始まるからと、自分を置いて練習にいってしまい、

ぽつんといた所を監督が「一緒にやってみる?」と誘ってくれたからです


サッカーを初めて、周りの反応は?

永木選手ー

上級生にも女の子がいたので、特別注目はされなかったです

佐藤選手ー

上の学年に女の子がいたので、あまり違和感はなかってです

周りの反応も、普通でした


オルカに入るきっかけは?

永木選手ー

大学の監督から北本監督の話を聞いて、色んな話をして、入団することになりました

佐藤選手ー

鴨川に女子サッカーチームができると聞いて、

サッカーと医療という今までにない形でチームを作って行くことに魅力を感じたからです


鴨川での生活はどうですか?

永木選手ー

出身は横浜なんですが、高校・大学と田舎暮らしだったので、

鴨川は人があんまり多くないので、落ち着きます

佐藤選手ー

かなり楽しんでると思います

お魚もお肉も美味しいし、海もきれいで、ドライブを楽しんでいます


趣味は何ですか?

永木選手ー

家でドラマか映画を観ることです

休日もドライブに行ったり、映画を一人で観に行ったりしてます

実家に帰ることもあるけど、実家に帰っても、一人で実家でゆっくりしてます

佐藤選手ー

ドライブと釣りと言っていますが、釣りは全然行けてません・・・

本当は、湖での釣りが好きです


気分転換にしていることはありますか?

永木選手ー

家で、お風呂をためて入浴剤入れて、携帯ゲームしてます

スヌーピーのキャンディーを消していくパズルにハマってるんです

あとは、マンガ読んだりしてますね

意外に少女漫画好きなんですサッカーマンガも見ますね

佐藤選手ー

野良猫を見ることです今日も見てきました

癒やされます


25歳の抱負は?

永木選手ー

芯の通った人になるために、いろんなことをインプットしながら、

自分の意思をしっかりと伝えられるようになりたいです

アウトプットしていきたいです


32歳の抱負は?

自分の考えをしっかり持って、発言し、伝えていきたいです

色んなことに恐れずチャレンジして、自分の器を大きくしていきたいと思います






今日、誕生日を迎えたお二人

いろいろ経験して感じたものを活かしていきたいとの思いが強いので、

きっと大きく成長することでしょう

みなさん、永木選手と佐藤選手の今後にご期待下さい



↑このページのトップヘ